広兼邸・羽山の穴小屋

2011年4月17日(日)晴れ
昨日のづづきをアップします。

・醍醐桜(樹齢1000年)
・岩井畝の大桜(樹齢800年
・吹屋の町並み
・ベンガラ館

・広兼邸
・高梁市散策

c0178561_2144926.jpg






広兼邸です。
「江戸時代後期に小泉銅山とローハ(緑礬・硫酸鉄=ベンガラの原料)製造を営み巨大な財を成した大野呂の庄屋広兼家2代目の元治が建てた巨大な邸宅。「八つ墓村」などの映画のロケ地としても知られる」
だどうです。ロケ地とは知りませんでした。それなら中に入っておけばよかった。
c0178561_2147880.jpg


石垣は熊本城のごとく武者返しになっています。個人宅でこれほどの石垣を見たのは初めてです。
写真では平地に建っているように見えますが、山の中腹に建っており完全に要塞です。
c0178561_2149458.jpg


今回のNAVIは素晴らしい仕事をしてくれました。細い道ばかりでしたが、素晴らしい景色を見せてくれました。
こんな感で感動していると、ついには。。。
c0178561_2150248.jpg

これです。いきなり道の正面に強大な岩の壁が。。。オーオー。ここは誰かのブログで見たことある。一度行きたかったところです。ネットで再度調べてみると「羽山の穴小屋」と言うところでした。道は岩の中を右側に曲がって通っていきます。当然乗用車でないと天井がつかえます。最初は道が無くなった!!!と思ったぐらいです。反射板がある側が道で、左の低い穴には、鍾乳洞があるらしいです。
そして人が左に一人、右に2人いますね。何をしているかというと、なんとロッククライミングをやってました。公道の横で。合計10人ぐらい居ました。
c0178561_21505021.jpg

そして車の上側の崖を見ると、ロッククライミングやってる。。。
c0178561_21511029.jpg


一度行きたかったのですが、偶然に行けるとは。。。

づづく。
[PR]
by topgun_tom | 2011-04-19 22:13 | お出かけ